第22回日本外来精神医療学会
外来精神医療-未来への挑戦-

第22回日本外来精神医療学会
外来精神医療
-未来への挑戦-

大会長挨拶

外来精神医療-未来への挑戦-

第22回日本外来精神医療学会開催に向けて

第22回日本外来精神医療学会
大会長 照屋 浩司
杏林大学保健学部 教授

大会長 照屋浩司

この度、第22回日本外来精神医療学会を、メインテーマ「外来精神医療-未来への挑戦-」のもと、杏林大学井の頭キャンパス(三鷹市)において、令和4年11月5日(土)に開催の運びとなりました。十分にはアフターコロナとなっていない状況が予測されることも鑑み、第22回の大会は1日での開催を予定しております。

幅広い分野の多くの先生方のご協力を得て、学びの多い大会を開催すべく準備を進めております。何卒宜しくお願い申し上げます。

第22回大会における新たな試みとして、午後に「精神科主治医と産業保健スタッフとのクロストーク」をテーマとしたトークセッションを企画いたしました。精神科医師、産業看護職、産業医、心理職などから話題のご提供をいただき、フロアの参加者も交え、本音でのトークを行っていただければと考えております。

さらに、2つのシンポジウム、産業医研修会を兼ねた3つの教育講演などをプログラムしております。

午前のシンポジウム①では、白井 優先生(精神科医師/四谷ゆいクリニック)、早坂友成先生(作業療法士/杏林大学保健学部)、大江悠樹先生(臨床心理士/杏林大学医学部)の3名の多様な領域の気鋭の先生方に「今後の外来精神医療の多様性」について論じていただく予定です。

午後のシンポジウム②は、「コロナ禍で多様化したメンタルヘルス支援と連携」をテーマとしております。藤里智子先生(臨床心理士/三菱マテリアル株式会社)、松山麻衣子先生(保健師/広栄化学株式会社)のお二人のシンポジストに加え、小山文彦先生(精神科医師/東邦大学 産業精神保健・職場復帰支援センター)に指定発言をお願いしております。

午後の教育講演1~3は、精神科医・精神科産業医の大西 守先生、高野知樹先生と元 労働基準監督署長の深澤 健先生を講師に迎え、三鷹市医師会の後援を得て、3単位(更新×1、専門×2)の産業医研修会として開催の予定です。

「未来への挑戦」と、大上段に構えたテーマではありますが、医師として公衆衛生分野に40年近く携わってきた経験を活かし、底流には「外来精神医療と公衆衛生」を軸に持ち、今後の外来精神医療の発展に資する大会と出来ればと考えます。皆様方のご支援、ご協力をお願い申し上げますとともに、今後とも何卒宜しくご指導のほどお願い申し上げます。

なお、新型コロナウイルス感染症の蔓延状況によっては、第22回大会全体を誌上開催に変更させていただく可能性のありますこと、ご承知おきいただけますと幸いに存じます。あわせ宜しくお願い申し上げます。

大会長挨拶

外来精神医療
-未来への挑戦-

第22回日本外来精神医療学会開催に向けて

大会長 照屋浩司

第22回日本外来精神医療学会
大会長 照屋 浩司
杏林大学保健学部 教授

この度、第22回日本外来精神医療学会を、メインテーマ「外来精神医療-未来への挑戦-」のもと、杏林大学井の頭キャンパス(三鷹市)において、令和4年11月5日(土)に開催の運びとなりました。十分にはアフターコロナとなっていない状況が予測されることも鑑み、第22回の大会は1日での開催を予定しております。

幅広い分野の多くの先生方のご協力を得て、学びの多い大会を開催すべく準備を進めております。何卒宜しくお願い申し上げます。

第22回大会における新たな試みとして、午後に「精神科主治医と産業保健スタッフとのクロストーク」をテーマとしたトークセッションを企画いたしました。精神科医師、産業看護職、産業医、心理職などから話題のご提供をいただき、フロアの参加者も交え、本音でのトークを行っていただければと考えております。

さらに、2つのシンポジウム、産業医研修会を兼ねた3つの教育講演などをプログラムしております。

午前のシンポジウム①では、白井 優先生(精神科医師/四谷ゆいクリニック)、早坂友成先生(作業療法士/杏林大学保健学部)、大江悠樹先生(臨床心理士/杏林大学医学部)の3名の多様な領域の気鋭の先生方に「今後の外来精神医療の多様性」について論じていただく予定です。

午後のシンポジウム②は、「コロナ禍で多様化したメンタルヘルス支援と連携」をテーマとしております。藤里智子先生(臨床心理士/三菱マテリアル株式会社)、松山麻衣子先生(保健師/広栄化学株式会社)のお二人のシンポジストに加え、小山文彦先生(精神科医師/東邦大学 産業精神保健・職場復帰支援センター)に指定発言をお願いしております。

午後の教育講演1~3は、精神科医・精神科産業医の大西 守先生、高野知樹先生と元 労働基準監督署長の深澤 健先生を講師に迎え、三鷹市医師会の後援を得て、3単位(更新×1、専門×2)の産業医研修会として開催の予定です。

「未来への挑戦」と、大上段に構えたテーマではありますが、医師として公衆衛生分野に40年近く携わってきた経験を活かし、底流には「外来精神医療と公衆衛生」を軸に持ち、今後の外来精神医療の発展に資する大会と出来ればと考えます。皆様方のご支援、ご協力をお願い申し上げますとともに、今後とも何卒宜しくご指導のほどお願い申し上げます。

なお、新型コロナウイルス感染症の蔓延状況によっては、第22回大会全体を誌上開催に変更させていただく可能性のありますこと、ご承知おきいただけますと幸いに存じます。あわせ宜しくお願い申し上げます。